夢真HDが3連騰で4ケタ乗せ、インフラ整備の話題相次ぎ需要拡大に期待

 夢真ホールディングス<2362.T>が一時ストップ高と3連騰で年初来高値を更新、05年1月以来の4ケタ台を回復(05年5月に1対4の株式分割)した。国土交通省が25日、道路や空港などインフラ10分野の維持管理・更新費用の推計を発表したほか、首都高速道路会社も25日に「首都高速道路の更新計画」を発表するなどインフラ整備関連のニュースが相次いで伝わったことを材料視。同社は、建設現場向けの技術者派遣が主力であることから、需要拡大への期待が高まっているようだ。

夢真HDの株価は14時1分現在1085円(△117円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)