105円の壁に挑む=外為どっとコム総研 神田卓也

5年ぶり高値へ上伸
ドル/円は東京市場で104.80円台まで上昇して、5年2カ月ぶり高値を示現。本邦株高を眺めてリスク・オンの円売りが活発化した。
105円の節目
海外市場の焦点は105円ちょうどをめぐる攻防となりそうだ。
心理的にも重要な節目にあたるこの水準を上抜ければ、ストップロスを絡めて一段高となる公算が大きい一方で、オプションバリアの存在が観測されるなどそれなりの抵抗が見込まれる。

欧州休場につき米国勢に期待
欧州市場は、英・独・仏など主要国が祝日のため本日も休場となり参加者が限られる。上値トライの機運が高まるとすれば、週次の米新規失業保険申請件数が発表(22:30)されるNY市場に入ってからだろう。米国の株価および長期金利の動向にも合わせて注目しておきたい。