しまむらが第3四半期累計決算を発表、営業減益に転落

 しまむら<8227.T>がこの日の取引終了後、第3四半期累計(2月21~11月20日)連結決算を発表。売上高3762億6300万円(前年同期比2.9%増)、営業利益329億3400万円(同6.6%減)、純利益207億1000万円(同1.9%減)と減益に終わった。主力のしまむら事業で大都市部への出店を中心に20店舗の出店と1店舗の閉店を行ったほか、既存1店舗の建て替えと17店舗での大規模な改装などを行ったことで増収を確保したが、主な輸入元の中国での人件費の高騰や原材料高で仕入れ価格の上昇圧力が増し利益を圧迫した。
 なお、14年2月期通期業績予想は売上高5200億円(前期比5.9%増)、営業利益510億円(同12.0%増)、純利益313億円(同13.7%増)の従来予想を据え置いている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)