民生用電子機器 国内出荷11月8%増・・・注目はカーナビなど車載機器26.2%増

日経新聞半歩先読み
電子情報技術産業協会(JEITA)が26日発表した11月の民生用電子機器の国内出荷額が前年同月比8.0%増と3ヶ月連続で増加したとのことです。その中で注目はカーナビなど車載機器が26.2%増となったことです。カーナビ関連は、スマホなどの影響で、車載需要が減少し、株価が低位にあるものが多いです。この年末・年始相場の中では、この好ニュースは、株価の大きな刺激材料となる可能性がありますね。

(6632) JVCケンウッド (東証1部) 197円 前日比  +6 (+3.14%) [売買単位:100株]
テクニカル的には、10月23日高値203円を抜けると、上値が軽くなりそうです。

(6773) パイオニア (東証1部) 215円 前日比  +5 (+2.38%) [売買単位:100株]
信用の取り組み厚く、取組倍率1.55倍 ここから大幅高あれば、空売りの買戻しも期待出来そうです。

(6816) アルパイン (東証1部) 1,451円 前日比  +69 (+4.99%) [売買単位:100株]
ホンダ向けが多く、北米好調。海外でブランド力強く、BMWなどの高級車向けも堅調。

今日も皆様に相場の福が授かりますように!!

※本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する証券会社の意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。