大有機化は年初来高値に迫る、電子材料回復が想定上回り通期業績を上方修正

 大阪有機化学工業<4187.T>が続急伸。株価は一時、前日比48円高の490円まで買われ5月13日につけた年初来高値492円に迫った。同社は26日、集計中の13年11月期連結業績について、従来予想の売上高223億2600万円、経常利益11億9300万円を上回り、売上高225億5900万円(前の期比2.6%増)、経常利益13億6600万円(同26.4%増)になりそうだとの上方修正を発表した。電子材料の販売が想定を上回る回復となったことが寄与した。

大有機化の株価は9時35分現在475円(△33円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)