夢の街創造委員会は急反落、第1四半期経常利益5.3倍も利益確定売り

 夢の街創造委員会<2484.T>が急反落。直近で急騰していたことへの反動もあり、株価は一時、前日比188円安の1527円まで売り込まれている。同社は26日、14年8月期第1四半期(9~11月)連結決算を発表しており、売上高8億1400万円(前年同期比2.5倍)、経常利益7000万円(同5.3倍)となった。10月にスマートフォン向け「出前館」アプリの全面リニューアルを行ったことで利便性が向上し、オーダー数の増加につながったが、足もとで株価が12月9日につけた年初来高値1875円に迫っていたことから利益確定売りが優勢となっているようだ。
 なお、14年8月期通期業績予想は売上高34億円(前期比62.9%増)、経常利益3億5700万円(同30.1%増)の従来予想を据え置いている。

夢の街創造委員会の株価は9時48分現在1535円(▼180円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)