大塚商会が続伸、13年12月期増額観測を好感

 大塚商会<4768.T>が続伸。システム開発やメンテナンスに加え、事務用品販売なども手掛けているが、好採算のメンテナンスの伸長や企業のパソコンの買い替え需要をとらえ業績好調だ。複写機やソフトなどパソコン販売に合わせて提案する営業戦略が奏功している。27日付の日本経済新聞では、同社の13年12月期連結営業利益が前期比1割強増えて320億円程度になる見通しと報じており、これは会社側従来予想から20億円増額された水準で6年ぶりのピーク利益更新となることから株価の支援材料となっている。

大塚商会の株価は12時43分現在1万2430円(△110円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)