ケー・エフ・シーが続伸、インフラ整備で人気継続

 ケー・エフ・シー<3420.T>が続伸、一時前日比46円高の776円まで買われ年初来高値を更新、前日のストップ高に続き、この日も堅調な動き。老朽化したトンネル覆工コンクリートを補修出来る覆工補強工法の技術を有していることから、インフラ整備への動きが今後活発化するなかで、関連銘柄の一角として人気が波及している。同社では高バリアフィルムを有する多層構造で形成されたシートをコンクリートに貼付けることでコンクリートの「中性化」「塩害」「はく落」を防止する技術も有している。様々なコンクリート構造物の劣化対策も急務となるなかで、受注拡大期待は高い。

ケー・エフ・シーの株価は12時47分現在750円(△20円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)