<後場の注目銘柄>=シチズンHD、一段の業績上振れ濃厚

 シチズンホールディングス<7762.T>が上値志向を強めてきた。今14年3月期は期初計画を上回り、連結営業利益210億円(前期比81.8%増)と大幅増益を見込む。しかも、第3四半期以降の前提為替レートを1ドル=95円、1ユーロ=125円に設定していることから一段の上振れが濃厚。

 円安を背景に時計やデバイス、電子機器が拡大、工作機械を手掛けることから国内設備投資回復の恩恵も享受する。iPhoneと連動する腕時計「Eco-Drive Proximity」の販売増へ期待も強い。20日現在の信用倍率0.97倍、25日申し込み現在の貸借倍率1.02の好取組も株価を押し上げていく。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)