萩原工業が4日続伸、好業績と割安さ際立つ

 萩原工業<7856.T>が4日続伸、1300円前半での底練りを約2カ月にわたり続け売り物をこなし切り、底値圏離脱の動きを強めてきた。強みとする土木建築向け樹脂シートが公共投資拡大の政策支援を背景に販売数量が拡大傾向にあるほか、機能性フィルム加工用スリッターも伸びている。樹脂製品は海外でも好調、インドネシア工場を増設し需要増勢に対応している。14年10月期純利益は14億2000万円予想とピーク利益更新が続く。10月の公募増資実施に伴い、株価は大きく調整したがPER7倍台、PBR0.7倍近辺で好業績と割安さを見直す動きが顕在化してきた。

萩原工業の株価は13時5分現在1419円(△21円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)