鈴木金が年初来高値、新日鉄住金傘下の割安株で注目と

 鈴木金属工業<5657.T>が4日続伸、株価は一時、12円高の203円まで買われ、連日の年初来高値更新。200円台乗せは2011年8月以来。新日鉄住金<5401.T>が来年相場の中核銘柄になるとの見方が強まるなか、同社傘下の銘柄への見直し機運が高まっている。「鈴木金属は新日鉄住金が筆頭株主であるほか業績も好調。さらにPBR0.7倍台と割安感もあり先高感が強い」(中堅証券)との見方も出ている。月足の一目均衡表では、きょうの上げで雲(抵抗帯)に突入する格好となった。

鈴木金の株価は13時23分現在199円(△8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)