日タングスが反発、放射能汚染防止の切り口とチャート妙味も

 日本タングステン<6998.T>が反発。株価は一時、前日比11円高い181円まで買われている。放射線遮蔽新材料である高密度タングステンシートを擁することから、放射能汚染防止関連の切り口を内包している。今後の原発行政の進展には不透明さがあるものの、関連株は折に触れ人気化する素地が指摘できそうだ。170円台でのもみ合いから上放れの兆しとなっており、チャート妙味も指摘できる。「東証2部市場の低位株に循環物色の動きがあり、その流れにも乗りそう」(中堅証券)との見方も。

日本タングステンの株価は14時38分現在179円(△9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)