平和堂の第3四半期決算は最終利益が65.8%増

 平和堂<8276.T>は27日取引終了後に、2014年2月期の第3四半期(累計)連結決算を発表。売上高は2947億1500万円(前年同期比2.2%増)、経常利益は87億1900万円(同10.3%増)、最終利益は56億3400万円(同65.8%増)となった。競争激化や原材料の高騰などが懸念されたものの、他社との差別化を意識した売場や商品、サービスに注力したことが功を奏した。
 なお、2014年2月期通期の連結決算見通しは、売上高が4060億円(前期比3.4%増)、経常利益が139億円(同8.1%増)、最終利益が70億円(同26.6%増)と従来予想を据え置いている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)