日本電工は中央電工を株式交換で完全子会社化、新社名は「新日本電工」

 日本電工<5563.T>と中央電気工業<5566.T>は27日引け後、14年7月1日付で日本電工を完全親会社、中央電を同子会社とする株式交換実施により経営統合すると発表した。
株式交換比率は、中央電工株1株に対し、日本電工株1.15株を割り当てる。中央電は2014年6月26日に上場廃止予定。新社名は「新日本電工」とする。
 新日鉄住金<5401.T>を、筆頭株主および主要取引先とする合金鉄メーカーの両社は、業界内での競争が激化するなか、事業内容に類似した点が多いことなどから、経営統合に踏み切ったようだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)