東京株式(寄り付き)=大納会は9日続伸でスタート

 2013年大納会となる30日の東京株式市場は買い先行、寄り付きの日経平均株価は前週末比90円高の1万6269円と続伸。日経平均株価は前週末まで8日続伸で、6日連続年初来高値更新と上値追いが加速している。今年1年間でも55.6%の上昇をみせており、世界主要国の中で群を抜く上昇率をみせている。目先も利益確定売りをこなし、世界的なリスク選好ムードのなか先高期待の強い展開。前週末の米国株市場ではNYダウが7日ぶりに反落したものの、下げ幅はわずかで、外国為替市場では1ドル=105円台前半の推移と一段と円安が進行していることで主力株には追い風が強い。一方、ここ個人投資家を中心とした値の軽い材料株にも物色資金が向いており、引き続き短期資金の流入も全般の地合いに反映されそうだ。業種別では値上がり上位に不動産、精密機器、電力ガス、情報通信、証券など。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)