ディスコが小幅ながら4日続伸、賃金引き上げも支援材料に新高値意識

 ディスコ<6146.T>が小幅ながら4日続伸で7000円台を回復、12月3日につけた年初来高値7130円払拭を意識する展開にある。同社は半導体切断装置のトップメーカーで、円安進行や半導体市況の好調を受けて14年3月期の営業利益は前期比32%増の154億円と好調だ。この好業績を背景に、14年4月から従業員の賃金を月額平均4000円引き上げることを決めたと28日付の日本経済新聞が報じるなど、脱デフレに向けたアベノミクス政策シナリオの一つである賃金引き上げに動く構えにあることも評価材料となっている。

ディスコの株価は9時9分現在7000円(△10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)