日本紙が急落、第3四半期営業益3%減との観測報道を嫌気、円安で採算悪化と

 日本製紙<3863.T>が急落。28日付の日本経済新聞で、第3四半期(4~12月)の連結営業利益は170億円程度になったようだと報じられたことをマイナス材料視。記事によると、円安が定着し、ドル建てで輸入する木材チップや石炭など原燃料の調達コストが膨らみ採算が悪化し、印刷・情報用紙など洋紙の値上げでは補えなかったという。旧日本製紙グループ本社の前年同期比較では12年4~12月期との比較で3%減となる見通しだ。

日本紙の株価は9時10分現在1950円(▼126円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)