PBITSが大幅安、14年2月期業績下方修正を嫌気

 パイプドビッツ<3831.T>は寄り付きから売り物集中、ウリ気配スタートとなった。同社は27日、14年2月期通期の連結業績予想の修正を発表、売上高は従来予想の30億円から25億円(前期比11.9%増)、営業利益は7億円から5億5000万円(同68.2%増)、最終利益は4億2000万円から3億3000万円(同77.4%増)にそれぞれ減額した。また、これを受けて14年2月期の期末配当について従来予想の17円から13円に4円減額していることで、これがネガティブサプライズとなった。新規に提供を開始した「政治山」など複数の情報資産プラットフォームや、広告事業で展開する「スパイラルアフィリエイト」について商品力強化に想定以上の時間を要し、収益貢献が遅れている。

PBITSの株価は9時14分現在1523円(▼155円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)