津田駒が4日ぶり反落、13年11月期営業赤字幅拡大で

 津田駒工業<6217.T>が軟調、ここ低位材料株物色のなか戻り足をみせていたが、きょうは4日ぶり反落となった。同社が27日発表した13年11月期通期の連結業績予想の修正で、営業損益は4億円の赤字から5億円の赤字(前の期実績は17億1900万円の赤字)に、最終損益は5億円の赤字から7億円の赤字(同17億5200万円の赤字)に減額した。これを嫌気して目先利益確定を急ぐ売りが優勢となっている。繊維機械、工作機械はともに当初計画通りに推移したが、決算期末の棚卸資産評価に伴い、連結子会社である津田駒機械製造(常熟)有限公司において評価損を計上したことなどから赤字幅が広がった。

津田駒の株価は9時24分現在167円(▼4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)