セキドが急反落、第3四半期赤字継続で通期計画未達を警戒

 セキド<9878.T>が急反落。27日取引終了後に発表した今14年2月期第3四半期(2月21日~11月20日)単独決算は売上高82億3600万円(前年同期比23.9%減)、経常損益2億3900万円の赤字(前年同期4億4000万円の赤字)と大幅減収で赤字継続となった。賃貸物件の契約終了で売上高が大きく減少、家電店舗販売撤退に伴う中途解約違約金などの事業撤退損を特別損失に計上したことで赤字が継続した。通期は経常損益1億600万円の黒字(前期2億8000万円の赤字)と前回の予想を据え置いたが計画未達が警戒されたようだ。

セキドの株価は10時6分現在125円(▼7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)