ミクシィが3日ぶり急反発、「日々公表」嫌気する売りが一巡

 ミクシィ<2121.T>が3日ぶり急反発。同社は10月に発売したスマホ向けゲーム「モンスターストライク」の人気化でSNS事業主力の利益構造からの転換が進むとの期待を底流に株価を大変貌させた。しかし、短期資金による需給相場の反動で、12月10日に9060円の高値をつけてからは急落、その後も売り買いが交錯してボラティリティの高い展開が続いている。東証が26日、同社株を日々公表銘柄に指定したことから、売買の自由度が落ち投機筋の買いを鈍化させたが、この2日間で目先の売りが一巡したことで再び買い優勢の展開に変わっている。

ミクシィの株価は10時11分現在7220円(△520円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)