TDKが小動き、岡三証券は業績予想引き上げも、レーティングは「強気」から「中立」に

 TDK<6762.T>が小動き。岡三証券が27日付で目標株価を4460円から5040円に引き上げているが、レーティングは「強気」から「中立」に引き下げている。フィルム応用製品が、リチウムポリマー電池向けで拡大、受動部品事業の収益改善から同証券では今14年3月期通期予想を連結営業利益で会社側計画の300億円(前期実績216億4800万円)に対して当初予想の348億円から400億円へ、EPSで会社側計画の103.3円に対して139.9円から159.0円へ、来期予想を営業利益542億円から583億円、EPS262.3円から296.5円に引き上げている。来期予想でPER17倍程度の5040円の株価評価は可能としているが、株価は足もとの目標株価と同水準であることが、レーティング引き下げの要因としている。

TDKの株価は10時15分現在5030円(△10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)