CANBASが反発、第2四半期は下限予想から営業損益改善

 キャンバス<4575.T>が反発。同社は27日、第2四半期(7~12月)累計の業績予想を修正。事業収益で当初計画の収支均衡~10億円(前年同期実績収支均衡)から収支均衡へ、営業損益で2億3500万円の赤字~7億6400万円の黒字から1億6200万円の赤字(同3億8200万円の赤字)へ修正している。事業費用が当初計画を下回って推移しており、当初の下限予想の赤字から営業損益が改善される見込みであることから、株価はこれを評価して堅調な値動きとなっている。

CANBASの株価は11時8分現在875円(△27円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)