日本板硝子が大幅高、大和証券は新規「2」で目標株価160円に

 日本板硝子<5202.T>が大幅高。大和証券は27日、同社のレーティングを新規「2(アウトパフォーム)」とし目標株価を160円に設定した。同証券では「リストラ効果と外部環境好転を同時に享受できるステージに突入している」とみている。
 具体的には「当初想定を上回る規模でのリストラ効果が発現しており、欧州板ガラス市場のボトムアウトにより業績回復感が強い」と指摘。赤字が継続していた欧州建築用ガラスも2013年度上期で黒字転換しており、「14年度にかけてはさらなるコスト削減効果や欧州建築用ガラス市況の安定化により大幅増益ステージ入りが期待できる」としている。

日本板硝子の株価は12時35分現在141円(△10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)