小松精練が3日続伸、中国で加工する生地を高付加価値化と報じられる

 小松精練<3580.T>が3日続伸し、一時、前日比60円(10.2%)高の651円まで買われる場面があった。28日付けの日本経済新聞で、中国で加工する生地の高付加価値化を進めると報じられたことを材料視。記事によると、デザインや色、使う生地を衣料品メーカーに提案する自主企画品の比率を現在の35%から3年以内に50%に高めるとしているほか、欧州の高級ブランド向けの生産も増やすという。最近では、人民元高や現地での人件費の上昇で採算が悪化していることから、利益率が高い分野に力を入れることで収益改善が期待できるとの見方が強まっているようだ。

小松精の株価は12時56分現在602円(△11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)