<後場の注目銘柄>=ダイヘン、太陽光発電用パワコン拡大

 ダイヘン<6622.T>は、電力用変圧器をはじめ、自動車向けなどの電気溶接機、アーク溶接ロボットへと展開。さらに、半導体製造向け高周波電源装置、太陽光発電用パワーコンディショナー、半導体搬送ロボットなども手掛けている。

 同社は14年3月期通期の営業利益を45億円から55億円(前期比84.3%増)へ上方修正している。パワーコンディショナーをはじめとした太陽光発電関連製品、アーク溶接ロボット、半導体製造装置向け高周波電源システムなどが堅調な推移をみせているためだ。

 株価は、25日移動平均線を支えに上昇軌道を継続しており、年初来高値圏にある。460円水準での値固めから上放れの時期が近そうだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)