宇徳が4日続伸、中低位材料株として買い人気継続

 宇徳<9358.T>が昨年末の人気化を引き継ぎ4日続伸。全体相場が大幅安となるなかで中低位材料株としての強みを発揮している。海運市況の回復を受けて、港湾運輸関連にも出遅れ修正の買いが入りやすくなっており、商船三井傘下の港湾運輸大手で、重量品輸送で実力を擁す同社株への短期資金攻勢が続いている。昨年来高値444円で時価は出遅れ感が強く、PER7倍前後、PBR0.8倍台という割安さも買いを誘う。

宇徳の株価は9時19分現在381円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)