ファミリーマートがしっかり、コクミンとの提携報道が買い手掛かり

 ファミリーマート<8028.T>がしっかり。6日の日本経済新聞が「有力ドラッグストアのコクミン(大阪市)と提携し、コンビニエンスストアとドラッグ店が融合した店舗を出す」と報じたことが買い手掛かりになった。今春から2年間で首都圏と近畿圏を中心に10店程度を開く。ファミマは地域のドラッグ店と提携して同様の出店を進めているが、都心部の有力チェーンとの提携は初めてとなると伝えている。本格的なドラッグストア併設コンビニ店の拡大戦略が期待され、株価は昨年来高値圏で強い動きを見せている。

ファミリーMの株価は9時32分現在4875円(△70円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)