<前場の注目銘柄>=日水、魚価上昇で業績回復

 日本水産<1332.T>への上昇期待は強い。

 同社の2014年3月期第2四半期(4~9月)の業績は期初予想を上回り着地。連結純損益は従来予想10億円の黒字に対し31億8400万円の黒字(前年同期は12億1600万円の赤字)となった。エビ・サケなどの市況が上昇したほか、海外赤字事業の整理など構造改革を進めてきた効果が表面化しつつある。今14年3月期の連結純損益は60億円の黒字(前期は47億8900万円の赤字)の予想。構造改革の効果もあり、復配に向けた態勢も徐々に整いつつある。

 株価は業績回復機運を受け、上値追い基調を強めている。先行き300円乗せを狙う展開が見込めそうだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)