郵船、商船三井など海運株が下落、海運セクターは業種別騰落率で値下がり率2位

 日本郵船<9101.T>や商船三井<9104.T>、川崎汽船<9107.T>など海運株に下落が目立ち、海運セクターは10時30分現在で、東証1部業種別株価指数の値下がり率2位となっている。ばら積み船市況の総合的な値動きを表すバルチック海運指数が14年最初の算出日だった1月2日に2113と反落し、3日も2036と続落したことが売り材料視されている。今年に入って下落率は10%以上となり、市況悪化が嫌気されている。

郵船の株価は10時32分現在326円(▼10円)
商船三井の株価は10時32分現在465円(▼9円)
川崎汽の株価は10時32分現在259円(▼7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)