良品計画が昨年来高値、消費増税後も価格維持との報道を好材料視

 良品計画<7453.T>が続伸し昨年来高値。6日付の日本経済新聞で、4月の消費増税後も店頭で税込みの総額表示を続けると報じられたことを好材料視。大半の商品は総額も据え置き、実質的に値下げするとしており、増税分の3%は生産委託先の見直しや物流費削減などで吸収するという。消費者へのわかりやすさを優先することで差別化につながり、需要を押し上げるとの期待が強まっているようだ。

良品計画の株価は11時10分現在1万1560円(△190円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)