<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」2位に藤倉ゴム

 「みんなの株式」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の6日午前10時現在で、藤倉ゴム工業<5121.T>が「売り予想数上昇」2位となっている。ただ、同時に「買い予想数上昇」でも4位にランクされており、強弱感が対立しているようだ。

 6日の東京株式市場で、藤倉ゴムの株価は全般軟調地合いのなかにあって昨年末比ストップ(300円)高の1320円まで買い進まれている。東証が12月30日に、信用取引の日々公表銘柄に指定すると発表したものの、昨年末の買いの勢いが継続しているようだ。12月20日終値の440円に比べて6日間で株価は3倍の急騰を見せたことになる。
 12月22日付の日本経済新聞がマグネシウムを使う新型電池を東工大の研究チームと共同開発したと報じたことがきっけとなり、これを起爆材料に株価が急動意、売買高の急増とともに元来の割安感がプラスに作用して、短期資金の買いが増幅している。

藤倉ゴムは11時30分現在1320円(△300円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)