<後場の注目銘柄>=東レ、航空機向け炭素繊維増産

 東レ<3402.T>の14年3月期通期の業績は、売上高1兆8500億円(前期比16.2%増)、営業利益1200億円(同43.8%増)と大幅増益を見込む。秋冬物衣料向け機能性素材が堅調。また、航空機向けや圧縮天然ガスタンク向けの炭素繊維も継続拡大。利益面では円安と高付加価値商品へのシフトなどが寄与。通期見通しは据え置いたが、プラスチックや電子材料の不振を繊維と炭素繊維の好調で補う。

 中期的には、航空機向けなどに拡大が見込まれる炭素繊維分野で日米の生産拠点を中心に1200億円を投じて生産能力を50%増やす。また、次期中期経営計画では2020年度の売上高3兆円、営業利益3000億円を目指す。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)