サイバーが大幅高、スマホ向けで新たなビジネスチャンス

 サイバーエージェント<4751.T>が大幅高で4日ぶり反発となった。ネット広告大手である同社にとってスマートフォンの普及加速がさまざまな可能性を生じさせている。スマホ向けゲームの市場拡大が続くなか、発売前にゲーム内容やその面白さなどを告知して仮の利用登録を無料で受け付ける広告サービスもそのひとつ。同社は子会社を通じて事前登録サービス「イチハヤ!」を展開、ゲーム情報を常時100本程度掲載し、利用者は魅力を感じたゲームを登録しておくと、発売日にメール通知などが届くほか、ゲーム内で使用する希少なアイテムやポイントなどの特典を得ることが可能となる仕組み。ミクシィ<2121.T>の「モンスターストライク」なども「イチハヤ!」の活用で人気化に火が付いた格好となっており、顧客獲得の有力手段としてサイバーのビジネスチャンス拡大余地も連想させる。また、今年は東証1部への上場を目指すとの観測が根強く、指数連動型ファンドの組み入れ需要など、株式需給面での追い風材料も内包しており、これを先取りする買いも入っているようだ。

サイバーの株価は13時48分現在4475円(△195円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)