<チャートの視点>=ビットアイル、W底形成を経て出直り歩調

 データセンターなどを運営するビットアイル<3811.T>は、昨年来安値をつけた12月6日の777円と12月25日安値787円でW底を形成。昨年末27日には株価が25日移動平均線(30日時点:823円)を上抜けるなど、出直り歩調を強めつつある。足もとでは、5日移動平均線(同:814円)と25日線とのゴールデン・クロス(GC)が目前に迫っており、基調が変わる可能性が出てきている。
 なお、12月3日に発表した2014年7月期第1四半期の連結決算は、売上高が44億2700万円(前年同期比9.9%増)、経常利益が7億4200万円(同1.1%増)、最終利益が4億6000万円(同2.3%増)。また、2014年7月期通期の連結決算予想は、売上高が188億円(前期比12.8%増)、経常利益が32億円(同16.5%増)、最終利益が20億円(同17.4%増)としている。

ビットアイルは14時25分現在835円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)