ダイキンが5日ぶり反落、昨年末比対ユーロで3円以上の円高嫌気

 ダイキン工業<6367.T>が5日ぶり反落、一時2.7%強の下落となった。同社は海外輸出が6割を超え欧州向け売上高比率の高いことでも知られるが、足もと円が買われる流れにあり、特に対ユーロで一時1ユーロ=141円半ばと昨年末との比較で3円以上円高に振れたことから、輸出採算の悪化を懸念する売りが優勢となった。もっとも、同社の対ユーロでの下期社内想定レートは1ユーロ=125円であり、実勢とはまだ大分開きがある。

ダイキンの株価は14時37分現在6390円(▼160円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)