【レンジ推移】底は固そうですが・・・。 OANDA Japan 佐藤 甲

【予想レンジ】104.00-105.00 【予想時刻】2014年1月6日 18:30
年初からのドル円は年末に頑張り過ぎた分を吐き出すような動きが続き、本日も重い日経平均に足を引っ張られながら下値を探る動きとなりましたしかし、欧州序盤には下げ止まりの気配を見せ、104円台中盤での推移が続いています。
今夜の注目材料
本日は米国時間にISM非製造業景況指数の発表が予定されています。
株高、雇用の回復、年末商戦が順調であったことが予想されることから市場では期待が高まっています。ということはネガティブサプライズとなった場合には失望には注意が必要となります。とはいっても週末にかけてECB理事会、米雇用統計を控えていることから方向感は出にくい状況になると思われます。
テクニカル的には今年に入って守っている104円台を守れるかどうかに注目が集まります。もし、割り込むような動きとなるとストップ売りをヒットし下落が強まる可能性も高まると思われます。

OANDAの顧客の取引状況
OANDAの顧客の取引状況を確認すると含み損を抱えた買いポジションが増加していましたが、欧州時間の上昇により含み益を抱えたポジションに変わっています。オーダー状況では106円近辺まで利益確定の売りオーダーが厚めに並び、下は104.00円を中心に買いオーダーが並びます。売りオーダーは上値を重くし、買いオーダーはサポートラインを支える一つの力となると考えられます。