三越伊勢丹が反発、12月国内百貨店売上高11カ月連続プラス

 三越伊勢丹ホールディングス<3099.T>が反発。6日の取引終了後に発表した12月の国内百貨店事業の売上速報で、外商を除いた売上高合計は前年同月比6.6%増と11カ月連続で前年実績を上回ったことが好感されている。伊勢丹新宿本店が5カ月連続で2ケタ増となり、全体の売り上げを牽引したほか、三越銀座店や三越日本橋本店、伊勢丹立川店、伊勢丹浦和店など多くの店舗で前年実績を上回った。商品別では、クリスマスギフトや自分への「ご褒美」としてハンドバッグや財布、アクセサリー類などの婦人雑貨が伸長し、婦人衣料ではコートやセーターなどの冬物が引き続き好調だった。

三越伊勢丹の株価は9時7分現在1461円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)