FDKが続急騰、厚さ0.42ミリの超薄型リチウム電池を開発と報じられる

 FDK<6955.T>が続急騰。前日に続いて電池関連の一角として注目が高まっていることに加えて、この日は、きょう付の日経産業新聞で、厚さが0.42ミリメートルの超薄型のリチウム電池を開発したと報じられたことが好材料視されている。記事によると、ディスプレーを搭載したクレジットカードなどに組み込んで電源として使う需要を開拓するとしており、まずは2014年から欧米のカード会社を中心に納入を拡大する計画で、15年度には7億円程度の売り上げを目指すとしている。新分野の製品投入による業績拡大が期待されているようだ。

FDKの株価は9時13分現在147円(△34円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)