ベルクが反落、第3四半期増収増益を達成も材料出尽くしで利益確定売り

 ベルク<9974.T>が反落。6日の取引終了後、第3四半期累計(3~11月)連結決算を発表し、売上高1074億1100万円(前年同期比9.0%増)、経常利益52億900万円(同6.2%増)と増収増益を達成したが、目先の材料出尽くし感から利益確定の売りが先行している。期中に4店舗の新規出店と既存店14店舗の改装を実施したことが奏功。また、お客様謝恩キャンペーンやベルクカードキャンペーンの実施、曜日別割引セールや曜日別ポイントセールの実施なども売り上げ増に貢献した。
 なお、14年2月期の通期業績予想は売上高1431億4300万円(前期比7.5%増)、経常利益67億3600万円(同1.9%増)の従来予想を据え置いている。

ベルクの株価は9時20分現在1847円(▼22円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)