牛丼関連株に明暗、12月売上高で吉野家HD上昇・ゼンショーは軟調

 牛丼関連株は12月売上高を受け明暗が分かれる展開となっている。吉野家ホールディングス<9861.T>は上伸し昨年来高値を更新。同社が6日発表した2013年12月の「吉野家」の既存店売上高は前年同月比で16.0%増と好調だった。11月の同1.5%増から大きく伸びた。客数も12月は同18.0%増だった。12月から発売した「牛すき鍋膳」などの鍋商品が好調だったことが売り上げ増に寄与した。一方、ゼンショーホールディングス<7550.T>は軟調。「すき家」の12月既存店売上高が前年同月比で4.7%減とさえなかったことが響いている。

吉野家HDの株価は9時35分現在1318円(△22円)
ゼンショーHDの株価は9時35分現在1127円(▼2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)