バルカーが6日続伸、火力タービン向けに耐久性3倍のシール材開発と報じられる

 日本バルカー工業<7995.T>が6日続伸し昨年来高値を更新している。きょう付の日経産業新聞で、フッ素系樹脂を使い、他社製品より耐久性が3倍高いシール材を開発したと報じられたことを材料視。記事によると、火力発電所のタービンなど、高温の蒸気にさらされる設備の気密保持といった用途を想定しているという。劣化による取り換え頻度が減り、設備の維持費を削減できるといったメリットがあり、1月から販売を開始し、16年度に3億円の売り上げを目指すとしている。

バルカーの株価は9時32分現在293円(△8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)