20日線を巡る攻防の行方に注目=外為どっとコム総研 川畑琢也

20日線を巡る攻防の行方に注目
昨日のドル/円は、チャート上にたくり足が出現してリバウンドが期待されるも、105円ちょうどを前に伸び悩み。
その後、予想を下回る米12月ISM非製造業景況指数を受けて103.908円まで下落し、一時的ながら昨年11月8日以降初めて20日移動平均線を割り込んだ。

この動きが三角もち合い上抜けにより2カ月以上続いた上昇トレンドが終了するサインとなるのか、本日も引き続き、同線を巡る攻防の行方に注目したい。もし同線(本稿執筆時点では104.067円)を割り込んで終えるようならば、上昇トレンド終了の可能性から下値が深くなる事が予想される。
なお昨日安値を割り込む場面では、目先は日足の一目均衡表の基準線(同、103.532円)に向けた一段安もあるだろう。