<前場の注目銘柄>=浜ゴム、海外タイヤ販売が拡大

 横浜ゴム<5101.T>に注目したい。円安による業績拡大が見込めるほか、国内外でタイヤ販売が堅調に推移している。

 同社は自動車用タイヤ大手。米国など自動車販売が好調ほか、中国向けなども回復基調にある。国内では好採算の冬用タイヤの販売が伸びている。前13年12月期の連結営業利益は、前の期に比べ18.7%増の590億円と最高益を更新する見込み。

 同社の中期経営計画「GD100」では、「独自の存在感を持つグローバルカンパニー」を目指すとし、17年度の営業利益1000億円を目標にしている。

 株価は前期予想連結PERで9倍程度と割安。昨年5月高値1312円抜けが狙える。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)