メイコーは朝高後値を消す、東証が6日付で日々公表銘柄指定を解除

 メイコー<6787.T>は朝高後に値を消す展開。寄り付き直後に、一時前日比8円高の834円まで買われたものの、その後売り優勢となり、一時同5円安の821円まで売られるなど値を消す推移となっている。東証が6日付で日々公表銘柄指定を解除すると発表した。
 信用取引の規制解除に伴って、売買の自由度が回復するとの見方はあるものの、全般相場の軟調もあり売り買いが交錯する展開となっている。

メイコーの株価は11時30分現在827円(△1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)