◎7日前場の主要ヘッドライン

・三越伊勢丹が反発、12月国内百貨店売上高11カ月連続プラス
・FDKが続急騰、厚さ0.42ミリの超薄型リチウム電池を開発と報じられる
・牛丼関連株に明暗、12月売上高で吉野家HD上昇・ゼンショーは軟調
・ミクシィが大幅続落、信用取引の臨時措置が利益確定売り誘う
・中北製作所がS高カイ気配、14年5月期業績予想の上方修正を好感
・JINが3日続伸、12月度既存店売上高は今期最大の下落率も織り込み済み
・サンエーが昨年来高値、第3四半期増収増益と期末配当予想引き上げを好感
・LINK&Mが7連騰、好業績評価で特定資金の攻勢思惑
・東特線が急騰、古河電池急騰で物色人気が波及
・藤倉ゴムが急反落、寄り直後の大口売りでバランス崩す

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)