渋谷工が大幅高、昨年10月以来の2000円台復帰が目前

 渋谷工業<6340.T>が大幅高で3日続伸、一時1994円まで買われ、昨年10月28日以来、約2カ月半ぶりとなる2000円大台が目前だ。昨年12月は1600~1800円のゾーンでもみ合いを続けていたが、年末から急速に上放れる展開。アベノミクスの3本目の矢である成長戦略の一環として再生医療は注力分野に位置付けられている。政府は14年度から5年間にわたり、医療や素材など最先端の研究を支援する基金創設の動きをみせている。そのなか重点課題として目の難病である「加齢黄斑変性」を、iPS細胞を使って治療する臨床計画が厚生労働省によって承認されているが、同社は理化学研究所発ベンチャーのヘリオス(旧日本網膜研究所)と連携しその中核を担う一社に挙げられる。

渋谷工の株価は12時33分現在1984円(△120円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)