コマツが続落、中国懸念強く2000円意識の展開に

 コマツ<6301.T>が続落。株価は一時、前日比42円安の2048円まで売られ、フシ目となる2000円ラインを意識する値動きとなっている。3日に中国国家統計局と中国物流購入連合会が発表した12月非製造業購買担当者景気指数(PMI)は54.6と前月から1.4ポイント低下。中国景気に減速懸念が強まるなか、同社株には警戒感からの売りが膨らんでいる。競合する米キャタピラーの株価が足もとで軟調に推移していることも連想売りを誘っているようだ。

コマツの株価は14時49分現在2050円(▼40円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)