カネコ種苗の第2四半期は経常2倍の大幅増益で通期利益予想を上方修正

 カネコ種苗<1376.T>が7日取引終了後に発表した今14年5月期第2四半期(6~11月)連結決算は売上高236億9200万円(前年同期比1.8%増)、経常利益4億7000万円(同2.0倍)と増収大幅増益になった。宮城県のイチゴ産地復興に養液栽培プラントが採用されたほか、野菜種子の販売が増加、販売管理費の低減により大幅な増益になった。第2四半期末配当を前回の9円から10円へ引き上げた。通期の売上高は545億円(前期比0.9%増)と前回予想を据え置いたが、経常利益を16億円から17億5000万円(同18.1%増)へ引き上げるなど利益予想を上方修正。養液栽培プラントの完工に加え、消費税増税による駆け込み需要も予想されるとしている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)