N.Y高で下ブレ不安は遠のく

引き続きSQ意識の相場
ドル円は104円台の半ばから後半を推移していますので、この辺りが下支えの条件になるでしょう。SQを控えますので、先物独自の動きによる仕掛けは考える必要がありますが、双方のポジションの調整となると、さほどは大きな動きには繋がりそうにありません。昨日同様に、小さく往って来いの動きを想定してますが、為替主導の動きになりがちですので、為替が飛べば一気に16000円台に入って来るでしょう。短期トレードにおいては、目先に絞って見て行き、ノイズを受けかかったら早めに切り上げて仕切り直す事も大事になって来るでしょう。SQ前ということで、16000から15750を想定レンジとしてみつつ、為替しっかりならば15860辺りを下目処に見ておきたいと思っています。